あなたが吃音であれば、

ご自身の体験をもとに

どのように吃音の子供に

対応すればよいか分かるはずです。

 

しかし、あなたが吃音でなく、

吃音の子供を教えているならば、

吃音について知識を深める必要があると

思います。

 

例えば、授業などで順番に当てたりしていたら、

ほとんどの吃音の子供たちは順番が

回ってくることを恐れているでしょう。

 

順番が回って来た時に、

うまく話せるかということが気になり、

授業の内容なんか全然頭に入らないでしょう。

 

ランダムに当てるだけで

吃音の子供の不安は少なくなります。

 

できるだけ早いうちに当てて、

しかも一度当たれば順番が回って

来ないことが分かれば、

安心して授業に専念できるでしょう。

 

ちょっと工夫するだけで随分違うのです。

何も吃音の子供を特別扱いする必要はないのです。

 

そんな吃音について理解するために、

ぜひ一度言友会の例会に参加してみてください。