あなたが吃音であれば、

ご自身の体験をもとに

どのように子供に対応すればよいか分かるでしょう。

 

 

あなたが吃音でなければ、

子供にどのように対応すればよいか悩んでいるでしょう。

 

 

もし、悩んでいなければ、

大きな間違えを犯しているかもしれません。

 

 

子供に「慌てずにゆっくり話せば大丈夫よ」と

のん気に言っているようだと問題です。

 

 

子供の悩みを全然理解していないに等しいです。

 

 

足の不自由な人に「普通に歩けばいいのよ」なんて言えますか?

 

 

できないから悩んでいるのです。

 

 

しかも黙っていれば分からないから、

余計に開き直ることもできずに一人で

悩む子供が多いのです。

 

 

吃音について理解を深める必要があります。

理解を深める事によって

子供に対して適切な行動を取ることが

できます。

 

 

・吃音の人がどのような場面で悩んでいるのか?

 

 

・どのように対応して欲しいのか?

 

 

など、吃音について理解を深めるためにするために、

ぜひ一度言友会の例会に参加してみてください。

 

 

このサイトへのアクセスを調べてみたところ、

「子供」と「吃音」のキーワードの組み合わして

検索してくる人が とても多いことが分かりました。

 

 

子供の吃音について

 

 

お役に立てる情報がお届けできればよいと考え、

子供の頃のことなど「子供」と「吃音」に関して

吃音者の方に語ってもらいました。

 

 

いろいろな考え方があると思いますので

参考にしてみてください。

 

1.50代 男性

 

2.40代 男性 がんば

 

3.40代 男性

 

 

今後紹介する体験談を増やしていきたいと

思っておりますので

吃音者の方で私も語りたいという方が

いらっしゃいましたら、

お問い合わせフォームかメールで

お気軽に送ってください。

 

 

みなさんの貴重な体験談や経験から得た

考えを情報共有したいと思っていますので

ご協力いただければ非常に助かりますので

何卒よろしくお願いします。