言友会とは

 

吃音(=どもり)で悩む人が助け合い、

悩みを共有・共感しながら、

自分たち自身で問題を解決することを目的にした、

セルフ・ヘルプ・グループ(自助グループ)です。

 

 

1966年に東京で発足し、

現在では全国で約30のグループが活動しています。

 

 

各地の言友会が連帯して、

全国言友会連絡協議会(略称:全言連)を構成しています。

 

 

言友会発足当時は、

自分たちで吃音を治すことを目的にしていましたが、

治りにくい現実があり、 1976年の全国大会で

「吃音者宣言」を採択してからは、

「吃音と上手につきあう」という方向で活動しています。

 

 

各地の言友会は、

それぞれ主体的に例会や会報の発行などで

吃音に関わる情報交換と吃音問題の克服に向けて活動しています。

 

 

広島言友会について

 

1975年ごろから広島市青少年センターで活動していました。

その後、メンバーの減少により、

長く活動を休止しておりましたが、

1999年3月の発会式を契機に活動を再開し、

月1回の例会を継続して、現在活動しています。

 

メンバーの年代は20代~60代と幅広く、

男女比は6~7対1ぐらいです。

 

広島言友会会則